AVEDAと五行思想

AVEDAは五行思想の哲学を重んじて、その考え方から製品を開発しています。

五行思想とは中国の自然哲学の思想のこと。

世の万物は、木・火・土・金・水の5元素からなるとされ、互いに影響し合い密接に関係している、という考え方。

それぞれの意味と人体との相関関係だけでなく、アロマとも結びつきがあります。

それぞれの意味と相関関係

水・・・冬の象徴。命や胎内、歴的な現象を表現。膀胱・腎臓と対応しています。シナモン・ジンジャー・タイムなどのアロマオイルに対応。

木・・・春の象徴。樹木の育成を表現。胆嚢・肝臓と対応。オレンジ・カモミール・ライムなどのアロマオイルに対応。

火・・・夏の象徴。灼熱の火を表現。心臓・象徴と対応しています。ジャスミン・ラベンダー・ローズマリーなどのアロマオイルに対応。

土・・・季節の変わり目の象徴。万物の保護と育成を表現。脾臓・胃と対応しています。コリアンダー・ペパーミント・レモンなどのアロマオイルに対応。

金・・・秋の象徴。確実さ頑固さを表現。大腸・肺と対応。タイム・ユーカリ・クラリセージなどのアロマオイルに対応。

万物と地球環境を創生し、四季の成り立ちをうんで、人体の営みにも関連づけている五行思想。

世界中の自然化粧品の中で特にその信頼性とコンセプトに共感が得られるのは、AVEDAが五行思想から影響を受け、今後もこのコンセプトを大切に護って後世に受け継がれていくことも大きな理由でしょう。