Category Archives: ハワイのキホン

ハワイのルール②

ハワイに滞在する上で知っておいた方が良いことをご紹介します。

ハワイの気候

日本のように四季がはっきりと分かれておらず、乾期と雨期に分かれているハワイ。

5月から10月が春で、11月から4月が雨期です。

一年中温暖で過ごしやすく、台風の上陸もほとんどない、過ごしやすい気候ですが、雨期の朝晩は少し冷えるので注意が必要。

レジャーを思いっきり楽しみたいのであれば、昼間が一番長い7月をいれた乾期がおすすめです。

電圧

日本の電圧は100v。それに対してハワイは110120vです。そして周波数は60hz

ドライヤーやひげそり、デジカメなどの小型で最新の電化製品は、ほぼそのまま使えるでしょう。

パソコンやタブレットなどの精密機器は故障の恐れがあるので変圧器を持参した方が無難です。

チップ・税金

海外旅行をするとどうしても気になってしまう、日本人にはなじみのないチップ。

簡単なサービスを受けた場合には1ドル札を渡すのがマナーです。濃いんで渡すと失礼になるので注意しましょう。

タクシーやホテルのレストランでは利用料金の15%程度のチップを渡します。

チップが生活の糧となっている労働者もいるので、働きに対する対価はきちんと支払いましょう。

また免税店以外で買い物をすると税金がかかります。ハワイ州の税金が4.166%。オアフ島は4.712%です。

ハワイのルール①

日本ではなんでもないことでも、ハワイでは気をつけなければならないルールがあるんです。

何度もハワイを訪れているという方もおさらいしておきましょう。

紫外線

日焼け対策は年中ばっちりという方は女性であれば多いでしょう。

ファンデーションにUVカット機能が入っている、なんて方も多いのではないでしょうか?

しかし、顔は毎日日焼け対策できていても、髪の毛や首、手の甲や腕、脚は気にしていない方も多いのでは。

ハワイでは普段気にしていないところも日焼け対策が必要です。

日本の38倍もあると言われる紫外線。髪の毛なんかすぐぼろぼろになってしまいます。

特に男性は要注意。剛紫外線になれていないうえに、普段から日焼け止めを塗る習慣がないでしょうから、ダメージは相当です。

日焼け止めを塗る際にはパートナーも一緒に塗るルールを決めておくことをおすすめします。

アロハシャツ

ハワイでは男性のアロハシャツ、女性のムームーは正装です。

こちらからするとなんてラフなスタイルなんだと思ってしまいますが、一年中高温なハワイだからこその知恵が詰まった正装なのです。

お土産も兼ねて一着現地で購入しておくと重宝しますよ。

飲酒・禁煙

日本でもずいぶん喫煙エリアは狭くなってきました。

しかしハワイは禁煙エリアでタバコを吸うと罰金を取られてしまいます。

同じく日本では普通に販売されているお酒。

ハワイの公共の公園やビーチで飲酒をしていると警察に捕まる事もあります。

ハワイの島と歴史

ハワイで勉強するにはハワイのことをちゃんと知っておかなければ

ということでハワイのキホンです。

まずは知らなくても何とかなっちゃいそうだけど、

知らなかったら楽しめないであろうハワイの島や歴史のことを少々ご紹介♪

ハワイの列島

まさかハワイ(州)が1つの島と思っている方はいらっしゃらないと思いますが

ハワイは、ホノルル空港やワイキキビーチのあるオアフ島、キラウエア火山などがある一番大きなハワイ島、ハレアカラ山があるマウイ島、地球上でもっとも降水量が多いと言われるカウアイ島、それにニイハウ島、モロカイ島、ラナイ島、カホウラヴェ島の8つの大きな島と約130の小さな島で構成されています。

現在火山の噴火によって、大きな島が8つから9つになるかもしれないですね。

ハワイの歴史

アメリカで一番若い州ハワイ。1959年に州として昇格しました。

もとはアメリカ合衆国の領土ではなく、1810年に他民族が土地所有を巡って争っている中、カメハメハ大王がハワイを統一して1つの国家として存在。

西洋の宣教師がほどなくして普及活動にやってきて、西洋人が席巻。

平和的クーデターにより、1893年に権力が逆転して、1898年にアメリカ合衆国の領土となったのです。